近藤昇の「仕事は自分で創れ!」

「仕事は自分で創れ!」ブレインワークスグループCEOの近藤昇が、日本とアジアをはじめとするエマージンググローバルエリアに対する思いやビジネスについて発信します。

おじさん達の昔の話

こういうのを昔自慢と言うのだろうか? 最近、おじさん達の昔の話を聴くのが楽しい。 おじさん達のご年齢は、皆さん、70歳を超えている。 先日もひょんなことから、知り合いの方の若い時の話になった。昼食を一緒させていただきながら、その方が、20歳ぐ…

社会課題を解決するとはどういうことか?

最近、社会課題というキーワードが目立つようになった。 ビジネスの社会は言うまでもなく、一般の生活者の間でも社会課題を意識している人は増えてきた。また、必然的に政府や行政も社会課題の解決のための政策や予算の執行が増えている。 私自身が運営する…

そもそも社員教育は何のためにするのか?

最近、ずっと考えていることがある。 それは、今の社会人とは何かである。 そもそも、昔は、社会人=会社人=働く人という印象を持っていた人が多いと思う。 私も、学生の頃は、社会人=サラリーマンになることと思っていた。 サラリーは給料のことであるか…

ベトナム活動が活発化しつつある楽しみ

越日国交樹立50周年。 来年2023年は両国にとって節目の年である。 これは、ベトナムから見たら、戦後50年という事になる。 私は、小学校の頃、ベトナム戦争の様子はテレビで観た記憶がある。 あれから、半世紀と思うと、本当に思いは複雑でもあり懐…

セルフ文殊の知恵を勧めるわけ

最近、仕事でよく使うようになった言葉がある。 3人寄れば文殊の知恵。 子供の頃から知っている言葉だが、改めてネットで調べてみた。 デジタル大辞林から引用する。 《文殊は知恵をつかさどる菩薩》凡人でも三人集まって相談すれば、すばらしい知恵が出る…

久しぶりにネクタイをしてみて想うこと

季節はすっかりクールビスになった。 いつの頃からだろうか、この季節に世間がネクタイをしなくなったのは。 確か、今東京都知事の小池氏が始めたように記憶している。 実は、コロナ禍以前、私はクールビスをしていなかった。 何か、世の中に逆行しようとい…

オンラインでのダラダラ会議はナンセンス

なかなか、オンライン会議は難しい。 私は、この形式を活用し始めてから15年は過ぎた。 新興国ベトナムに毎月半分近く滞在していたので、日本の社員との社内MTGは、オンラインが主体だった。ただ、世間は大企業の一部を除き、まだそういう時代ではなか…

他人も変わらないし自分も変わらない

人は変わる。 人間は人生の中で実に様々な体験をし、人間づきあいを通じて変わる。 人間は成長するのが自然体だ。 ところが、他人を変えようとすると、当たり前の話だが、思う通りにはいかない。 私が社会人になって、初めて部下を持ったのは26歳の時。そ…

パンかごはんは結構大きな私のテーマ

日本人が米を食べる量が減り続けている。 人口が減ってきている背景はあるものの、最大の要因はパンを食べる人が増えてきたからであると思う。 農林水産省によると、1962年の国民1人1年あたりのコメの消費量は118.3㎏である。この年がピークのよ…

一人で仕事する力はありますか?

日本人の特徴のひとつ、それはチームワークである。 新興国だけでなく欧米などの先進国においても、このことは多くの人に知れ渡っている。 経営やビジネスのやり方における日本の典型的な特徴でもあるが、ビジネス以外の分野でも同じように認知されている。 …

体が軽い日とそうでない日

朝起きて、今日は体が軽いと感じる瞬間がある。 一気に気分が乗ってくる。 起きてすぐにわかるものではないが、朝のルーチンであるストレッチや軽めの筋トレをしていたらすぐにわかる。 こういう感じは、この数年前ぐらいからだ。 というのも、私ぐらいの年…

中小企業では何でもできた方が良いわけ

中小企業には中小企業の仕事のやり方がある。 もちろん、それは強みとなるものもあれば、弱みとなるものもある。 有名なSWOT分析でもすれば、S(強み)とW(弱み)はすぐに見える化できるのも中小企業の特徴でもある。 そして、圧倒的に弱みが多い。だ…

自分にできなくても誰ができるかを考える

仕事力というのは、なかなか曖昧な言葉だ。 例えば、職人さんだったら、全部自分ができて初めて仕事力があると言うだろう。 私の親父は、農家だったが、超こだわりがあったと思う。 それは子供心に感じていた。 多分、誰のアドバイスも受けない、頑固一徹の…

本を創ることのもがきと醍醐味

今、本を集中して創っている。 2022年は、数冊の自著を発刊するつもりである。 一冊はすでに3月に発刊した。タイトルは“新興国の人材と健全に向き合う”である。 概ね、今年出版する本のテーマは新興国人材、情報セキュリティ、中小企業のDX、シニア関…

農業ぐらい難しい仕事は他にない

世の中には実に多くの仕事がある。 仕事はすでになくなったものもあれば、新しく生まれる仕事もある。 一方で、未来永劫変わらない仕事もある。 そして、仕事には難易度がある。 簡単な仕事もあれば、難しい仕事もある。 それは、自分の仕事スキルによっても…

連想発想力を鍛える

私が子供の頃、NHKで連想ゲームという長寿番組があった。 ワクワクしながら一緒に答えを考えて楽しんでいた記憶がある。幾つかのヒントを聞きながら回答者がお題を当てるゲームだ。 例えば、ベトナム、進出支援、中小企業、ITが得意。答えはブレインワ…

仕事の仕上がりをどうするかはいつになっても難しい

仕事は時間との闘いである。 こういう状況からは、何年仕事しても、抜け出せない。 経験を積んでくると、自分の得意領域については、最大パフォーマンスできる域というのが分かるようになる。だから、心底、常に最高のものを仕上げたい。 感覚的には、モノづ…

失敗をしない方法があったら教えて欲しい

失敗しない人間はいるのだろうか? 今のところ、私の人生ではお目にかかったことがない。 身近なところでは、私も含めてかかわりのある人たちは、どこかで何かの失敗をしている。 それは、外から接していて分かる話だ。当然、表に出さない、自分だけの中で失…

自主性ほどあてにならないものはない

自主的に何かをする。活動をする。仕事をする。 社会貢献をする。おおよそ人間がすることで、自主的にする行為は、清々しいし、格好も良い。そして、自然とそういう人たちは、周囲から信頼される。 自主的、自主性と近い言葉として、自立するがある。 例えば…

DXが進展していくとしたら人間はどうなるのか?

今、世間ではDXが流行っている。 ここ数年、IT業界特有の用語もかなり一般化された。AIを筆頭に、5G、ビックデータ。幾つかすぐに思い浮かぶ。 最近は、それを凌駕しそうな勢いなのがDXである。まだ、幸いと言うか当然というか一般の生活者はそれ…

仕事のできない人はSNSを使わないほうが良いわけ

SNSはどれだけの人が仕事で使っているだろうか? 私の感覚では、大企業の一部と超アナログ的な中小零細以外は、皆が使っているのではないかと思えるほど、浸透してしまった。 もっとも、実際は、代表的なFacebookやLINEなどの普及率などを勘…

情報は共有しすぎると逆効果

今どき、仕事を円滑にこなす際は、何らかのやり方で、仕事に必要な情報を共有する。 これは、すでに日本のビジネスパーソンにとっては当たり前のことである。 ところが、この情報を共有するという行為は、実にさじ加減が難しく、適正で効率の良い情報共有と…

ミイラ展に行って思う事

自社のオフィスから歩いて3分のところに神戸市立博物館がある。 最近、ときどき足を運ぶようになった。 2月ごろから気になっていたミイラ展に、ようやく行った。 開催期間は約3か月あったのだが、近くにあるとついつい、いつでもいけると思ってしまう。 …

人生において旬であるとはどういうことか

旬であること。 私は、仕事においてもプライベートにおいても、意識して生活している。 と言いながら、長年そうしていると無意識にそういう言動になっているのかもしれない。 今回は、仕事において旬であるとはどういうことかを考える。 情報と密接なテーマ…

忙しいを連発する人は本当にそうなのか?

日本のビジネスパーソンは時間に追われている? 忙しいからこれ以上できません、を連発する人も実際に多い? 忙しいは、本当にそうなのだろうか? 私も仕事をして40年近くになる。 こんなに長く働いていることが自分の若い時のことを考えると、信じられな…

営業は本当に人間力が磨かれる仕事なのか?

営業は会社経営には欠かせない。 もちろん例外はある。例えば、完全下請けの中小企業だったり、親会社から100%仕事をもらう子会社だったりすると、何もしなくても仕事は受注できる。 ただ、やはり、ほとんどの企業にとって、営業活動によって、会社経営…

情報感度を磨く第一歩は実名主義

情報感度を磨く。 私の20年来の口癖だ。 もうすぐ、このあたりをまとめた本を出版する予定で、仕上げに入っている。 今どきの情報過多の時代、どうやれば、あふれる情報に振り回されないのか? これはビジネスする人にも生活する人にも、とても重要なテー…

大人になるという事を考えてみる

成人が今年から18歳になった。 還暦手前の私にとっては、とても遠い話に思える。 私が学生時代、20歳というのは大人になる感覚があったような気がする。 成人が18歳になったということは、単純に18歳から大人になるということなのだろうかと考えてみ…

運も実力のうちか実力も運のうちか

最近、おもしろい本を見つけた。 そのタイトルは、“実力も運のうち 能力主義は正義か?"。 出版会社のタイトルの付け方としても、学びがある。なぜなら、ほとんどの人が知っている言い回しは、“運も実力のうち”であるからだ。 私の仕事柄、お付き合いの中心…

反省はプラス思考でないと出来ない

反省はしても後悔はしない。 40歳になる頃まで、私の仕事の現場での口癖だった。 最近、ふと使っていないことを思い出した。 もともとの意味は、こんな感じだ。 何事も失敗を振り返ることは大切だが、後悔の気持ちではなく、反省の心構えで振り返る。そし…