近藤昇の「仕事は自分で創れ!」

「仕事は自分で創れ!」ブレインワークスグループCEOの近藤昇が、日本とアジアをはじめとするエマージンググローバルエリアに対する思いやビジネスについて発信します。

“スマホなければよかった”と皆さんは思いますか?

スマホなければよかった”

これは日経新聞の10月10日の記事の見出しである。

 

率直に、私は記事としてのインパクトはあまり感じない。それよりも、この記事を見た人がどう思うのかにとても関心がある。

 

まずは、なぜ、私にとってインパクトを感じないかだが、それは私も常々そう思っているからだ。

 

私も尊敬するスティ-ブジョブスには失礼極まりないが、スマホで本当に世界の人が幸せになったのかということが根底にある。

シンプルに書くと、結局はスマホの功罪ということになる。

 

ただ、実は、ここ何十年かの科学技術の発展によって生まれてきた様々な製品や便利なものは全てそういうところがある。

インターネットなどは最たるものだろう。

 

この記事の見出しをインターネットがなければ良かった。に変えてもあまり内容は変わらないと思うし、例えば、スマホをゲームと置き換えても変わらない。

 

では車と置き換えたらどうだろうか?

“なければよかった”の比率は相当下がるだろう。でも、不幸にして身内が事故に遭ったとか、何かトラブルに巻き込まれたとかの経験があれば、間違いなく、車がなければ良かったと思うだろう。それは飛行機でもそうだ。

 

いずれにしても文明が発達して、新しいものが生まれると必ず、メリットとデメリットがある。私はこれをメリットとリスクで対比させて、考えてきた。

 

この記事に書いてあることを簡単に要約すると、まず一つ読み取れるのは、多少の差異はあるが、概ね、世界共通であるということ。

人間は根本的に皆同じで、ざっと平均すると3人に一人がそう思っているとなる。

 

私も、仕事をのければ、この部類に入る。

すでに私は、スマホはいずれ無くなると思っているし、それを見越して何か新たな生活や仕事を編み出そうと思っている。

 

そして、この記事が強調したいのは、Z世代(16歳から23歳)は世界同じように、他の世代と比べて、スマホに疲れているとある。

正直、ここだけフォーカスする意味はあまり分からないが、未成年も含まれているし、対人対応能力がまだ不十分だから、この傾向は当たり前だと思う。

 

要するに、多くの人が人とつながっていることに疲れている。ということだ。

スマホがなくても人間関係は基本的には疲れる。アナログの世界でも骨が折れる。

 

私なりの意見を書いてみたが、この記事を見て、“スマホがなければよかった”と思う人はどんな人なんだろうかととても気になる。

 

必ずしも逆は真なりではないにしても、残りの人はスマホがあってよかったか、よくこの手のアンケートにあるが、どちらとも言えないも含まれているのか?

 

少なくとも何割かは“スマホがあってよかった”人はいるのは間違いない。

 

これは世界でのアンケートだから、私が特に気になるのは、新興国である。新興国では、人間関係のわずらわしさが無いとは言わないが、それよりも生き抜くことが先だ。そのためのツールとして役に立っているのだろうと推察する。

 

また、先進国日本では、スマホを自分本位に使うだけの人がいたら、あってよかったとなることもあるだろう。

 

この記事に対して文句を言っている訳ではなく、どんなメディアも私がこういう風に書く内容にしても、限定的な字数の中では表現できることは限られる。また、その書き手の意図もある。だから、私はああでないこうでないと考えることは大切だと思っている。

 

結論ではないが、古今東西、洋の東西を問わず。全員が満足するようなツールや製品は存在しない。特に、スマホなどは進化が激しすぎる。

 

私の持論は、子供の頃は、スマホはほどほどにして、自然の中で水遊びや泥んこ遊びする方がよっぽど大切だと思うし、子供の頃に、必要以上に人間関係力など高めなくても良いと思うし、それよりも、感性や自然を愛する心を育む方か自然だと思っている。

 

以上

 

30分の商談が当たり前になってビジネスはどう変わるか?

コロナ禍が始まって以来、すでに1年半が過ぎた。最近は、テレワークもある程度は定着しては来たが、なかなか、オンラインを使ってのビジネス推進には、慣れない人も多いし、必要以上のストレスになることもある。

 

私も、コロナ禍以前に比べても、劇的にオンラインでの仕事が増えた。

もっとも、私の場合は、海外での仕事が多かった関係で、もともと、社員とのMTGやお客様との面会も全体の4割程度はオンラインだった。

 

そんな中、最近、私の周りではすっかり定着したことがある。それは面会の時間が劇的に短縮できたということだ。

コロナ禍以前だと、やはり、直接の面会が基準になるので、どうしても平均すると1時間は必要だった。

 

このあたりをもう少し細かく書くと、今のように、両方ともが在宅やテレワークではなく、私が海外でお客様が当社の東京オフィスに来社というスタイルも多かった。こういう場合だと、せっかく来社いただいた方に30分程度で面会を終わるのは失礼にあたる、と言う感覚になってしまっていた。

 

それが今は、両方ともオンラインということになって、お互いに移動時間がない。そして、逆に言うと1時間もオンラインでするのも結構疲れる。

 

1年半ぐらい私も相当実践してみたが、大体の頃合いが30分ぐらいだと思う。

もちろん、初対面でお会いする方も増えてきて、そういう時では30分は、正直短く感じることもある。だから少し延ばして40分程度という感じだ。

 

私も年齢問わず色々な方と面会するので、年齢が高い人ほど、現場仕事に近い人ほど、直接会うことを望まれる傾向にあることは分かっている。

 

そういう意味での、更なる工夫が必要だとは思うが、このまま日本もオンラインを上手に活用したビジネスが定着して欲しいと、私も微力ながらそういう流れに貢献しようと思っている。

 

私は、仕事はメリハリ感が大事だと言うのは、人一倍強い。

オンとオフの切り替えははっきりしたほうが良いと思う。しかし、ワーケーション流行りの今は、仕事とそれ以外の切り分けはますます分かりにくくなってくる。

 

それが在宅だとなおのことそうだ。本来は仕事を離れてくつろぐ場所で仕事すると言っても、色々と気持は散るし、そもそも体が休憩モードにもなってしまう。

 

こういう部分は、まだまだ、工夫の余地があると思っていて、例えば、家の中に一部屋、バリバリの仕事ルームを用意するとか、何かの切り替えできる設備も必要だろう。

 

一方で、私がこれから提唱したいスタイルというのは、オンラインとオンサイトの使い分けだ。

つまり、面談やMTGをオンラインでする場合と、適度にオンサイトでする場合に分けて計画的に実施すると良いと思う。

 

実は、コロナ禍以前でも少数ながら行われてはいた。例えば、全国に支店がある会社の店長会議。1年に一回、全国から店長が集まって会議する。出張旅費などのコストはかかっても、一堂に会する。

 

こういうものは、今はオンラインでせざるを得ないが、やはり、コロナ禍が終息したら、オンサイトが相応しい会合である。

 

回数で切り替える方法もある。厳密に数えるわけではないが、ある顧客と3回面会が必要だとして、1回は直接会う、残りの2回はオンラインで。

 

慣れないうちは、何かをロスしたり非効率に感じたりするかもしれない。しかし、現実は、これで得られるものはとても大きい。

移動時間や移動コストは当たり前として、面会そのものの密度が濃くなる。

 

直接の面会もとっておきの面会になるし、オンラインは短時間でも効率が良くなる。その浮いた時間を準備に使うだけでも良い。できれば、ワーケーションの時間に使えれば、なお、良い結果につながると思う。

 

以上

 

山名湖のサウンドビレッジを訪ねて感じたこと

私には、どちらかというと、音楽には無縁の印象があると思う。

 

もちろん、音楽を聴くことは好きだが、それほど造詣がある訳でもなく、最近は、車の運転で、邦楽を聞く程度だった。

その私が、あるアーティストの方との出会いから、音楽とは何かを考えるようになった。

 

夏の終わりの富士山の麓に訪れたのが9月半ばであった。なにせ、サウンドビレッジと聞いただけで、様々な想像が巡っていた。

富士山麓には有名な富士五湖がある。

私にとっての河口湖周辺は、ゴルフをする度に訪れていたので、すでに馴染みがあった。

今回は、山名湖の近くにあるサウンドビレッジに一泊した。

初めての山名湖も新鮮だったし、そこから見上げる富士山も格別だった。

 

サウンドビレッジとはどういうところか?

この響きで連想できる言葉だとは思うが、音楽家が集まる村。というのが私のイメージだ。

 

日本国内やベトナムで様々な活動を一緒にさせて頂いているアーティストの高谷秀司さんのお導きだ。

youtu.be

 

サウンドビレッジの歴史は長い。

1982年に、富士山ろくの自然に囲まれたこの場所で、音楽の創作活動やアーティストのつながる場として、スタートした。

 

サウンドビレッジで佇んでいると、大自然に囲まれた中で感じることが出来るものは、都会の喧騒や日常とは別世界だ。

 

私は、まだ、音楽とは何か?

人に表現して伝えることはできない。また、演奏することが出来る楽器もない。

 

小学校の時の音楽は超苦手科目の一つだった。

また、基本的には、私のビジネスの場と音楽はほとんど接点がない。

 

ただ、時代は確実に変わってきている。

経営にアートを活かそうとする考えや、生涯現役時代を見据えて、学習の場としてアートとしての音楽を重要視する動きも増えてきたと思う。

 

私の感覚は、大自然と音楽と言う関連性の中で、人が何かをつかみ取ることが出来るのではと思い始めている。

 

実際、アフリカで活動するようになって、人類誕生の中で、人間は音楽とともにあったことも最近知った。

感覚的には、知ってはいたが、やはり、アフリカの地で感じる音楽は特別感がある。

 

まだ、何か答えが一つでも出たわけではないが、山中湖のサウンドビレッシでの活動から、新たな発見が幾つも出てきそうに思っている。

 

私は、今、ブレスタを日本全国に広げる活動をしている。ここのサウンドビレッジでもブレスタをスタートする予定だ。

 

自然と音楽に囲まれた環境で、私たちが、ブレスタ活動することによって、日本の地方の活性化だけではなく、世界とつなぐ。

特にアフリカとつながる中での、音楽を通じての創造の場であったり、感じる場としての役割であったりができそうに思う。

 

私の人生にとって、あまり縁のなかった音楽が、最近はとても身近なものになって来た。

そろそろ、一つでも楽器をマスターせねばと、気も引き締まる思いである。

 

 

 

以上

 

読書の秋に改めて考える人間と読書

読書の秋。

世の中のほとんどが知っている言い回しだろう。

 

場所によって違うが、神戸近辺であれば、初秋だろうか?

秋に対する私の感覚では、思いっきりホットな活動的な夏が終わり、落ち着いた時間がやってきて、もの悲しさも感じる季節だと思う。

 

私はとにかく夏が好きだ。

だから、常夏のベトナムでも平気なのだが、日本に長らくいると、日本の季節感が見事に蘇ってくる。かれこれ2年近く海外に行かなかったのは、30年ぶりだろうか。

 

改めて考えてみると、日本の季節は変化に富んでいるし、南北に縦長の日本の四季は実に多様だ。今、私のいるところは初秋だが、北海道の場所によっては初冠雪もあったようだ。

 

読書の秋。

言い得て妙で、確かに読書をしてみようかなという気分になる。

これはなぜなのか?

 

一つは、夜の時間が長くなってくるからであるのは間違いない。

実際、今は日が暮れるのが、関西では、18.00前になって来た。

私なんかは、コロナ禍前であれば、仕事と言いながら、毎日のように飲み会だった。しかも、国内外でだ。落ち着いた時間などなかった。

 

それが今や、日本にどっぷりの状態に加えて、飲む機会も激減した。

同じような人も多いだろうし、以前から秋の夜長に読書と言う習慣の人も沢山いるだろうと思う。

ところで、私は、こんなことを書きながら、夜は余り読書しない。そもそも、そんなことをしたら、すぐに寝てしまう。

 

世間から言わせると私は超朝型で、深夜族が眠りにつくころに、私は目が覚める。

私にとって、今でも夜は短く、朝が長い。

少し細かく書くと、私は朝日を見るのが好きなので、日が一番長い夏至の頃であれば、4時ごろから朝日を観に出かけることもある。だから、幾ら朝型でも、朝の落ち着いた時間は少ない。

 

それが、だんだんと一日が短くなってくると、朝日が出るのが7時ぐらいになってくる。

朝の時間は、私にとって数時間もあるのだ。

だから、私は、まだ暗い朝の時間が長い。夜に読書する人と同じだと思うが、絶好の読書の季節になる訳である。

 

もう一つ、秋に読書したくなる理由を考えてみた。夏は活動的だ。活動するという事は、どちらかというと、実践の場が多い。仕事に限らず遊びもアクティブに行ける。エネルギーを充満しつつも、発散することになる。

 

当然、知的な情報や知恵も、使い果たすかもしれない。車で言えば、ガス欠が近づくのではないだろうか。

 

日本の場合は、秋の次は冬がやってくる。人間が冬眠するわけではないが、あまり活動に向かない時間だ。日本の場合の四季の循環に合わせて、日本人は読書の習慣があるのではとも思う。

 

つまり、秋にしっかり読書でリセットし、次の活動に備えて、知的ストックを充実させる。そして、春が来るまで、じっくり醸成させる。

 

夏に一気にストックを活かした活動をする。

もちろん、少なくとも、時間に追われている現代人は、こんなサイクル通りには人間は、動いていないと思う。

 

でも、江戸時代にさかのぼって考えると、時間はゆったりしていただろうし、季節感も今よりも鮮明だったと思う。

いずれにしても、読書は、人間としての生きるための肥やしだと思う。

季節に沿う必要は必ずしもないが、読書の習慣をしっかりとこの秋に身に付けてはいかがだろうか?

これは、私が20代後半からしか読書をしてこなかった自分の反省も込めて、今、真剣にそう思う人の一つである。

 

以上

 

農業が私の原点からライフワークに変わる今

農業の奥の深さや役割の多様性に、今更ながら発見と学びの日々である。 

 

最近の私の活動は、今の本業とはあまり関係がないところでのつながりが加速度的に拡がっている。特に、第一次産業とのかかわりが密になって来た。  

 

中でも農業に関して、毎日のように、現場の皆さんと試行錯誤したり情報交換したり。特に今は日本国内での農業ビジネスにか関わっている方々とのつながりが一気に増えてきた。

 

もちろん、私もできるだけの時間を費やして、北海道や山口などのご縁がある農業の本場を訪ねている。

 

 

 

 

今更言うまでもないが、日本の農業の課題は山積している。

 

おさらいの意味で、要約して書くと、戦後復興の中、経済成長ありきでとりわけ工業化を推進してきた。農村部の農業従事者は、工業団地で働く労働力としてシフトしていった。

 

豊かになった日本は、安価な食料を海外から輸入する国となった。良く出てくるのが、食料自給率だ。カロリーベースでは、40%弱。先進国の中では突出して低い。

 

そして、日本の高齢化と共に、農業従事者人口の減少に加えて、専業農家の平均年齢が70歳近い。これだけ見ると、農業の将来は悲観的にならざるを得ない。

 

感覚的に書くと、10年以上前ぐらいから、日本も農業ベンチャーが生まれるようになった。今では、アグリビジネスと言われるように、一見最先端ビジネスのような雰囲気も少なからずある。そして、ITを駆使したスマート農業。

 

もう一つ書くとすると、農業の現場を事実上支えているのは、新興国からの若い働き手だ。建前上は、技能研修制度であるが実態は労働力である。

こういう現状の中、これからの日本の進む道は、いよいよ正念場を迎える。

 

今のところ、志を持った方々が、日本の農業の未来を憂えて、ものづくり日本の代表選手として、安心安全な食の担い手として、多様な活動されている。大いに期待したいし、私もその中の一人としての自負はある。

 

私の人生の原体験として農業がある。

18歳まで、専業農家の次男坊として過ごした私は、それまでの経験から、農業から離れる道を選んでいった。すでに他界したが、親父の想いや努力のかけらも理解しようとせずに、40歳ぐらいまで過ごした。

 

私はその時は、創業して10年ぐらいになっていたが、正直、自分が農業ビジネスをするイメージはあまりなかった。

新興国での活動が私の目を覚ましてくれた。

特にベトナムの15年ほど前は、工業立国ベトナムを掲げて、ともすれば日本と同じような経済成長を指向していたと思う。一方で、見識のある方の考えは違っていた。

 

私に農業の大切さを認識させていただいたのは、ベトナムの重鎮のカン氏だった。

カンさんは、元軍人で、日本びいきの方であり、ドイモイ政策の中から生まれたばかりの企業支援で活躍されていた。

私が40代前半でお会いして、カンさんは60歳を超えていたと思う。

 

“これからの地球の脅威は何か分かるか?近藤さん”とカン氏が聞く。

瞬間も頭に浮かんだのは、戦争。

カン氏は、中国人の胃袋だよ。

もちろん、これは中国人だけをさしたわけではなく、それだけ人口の増加が食糧難をもたらすという意味だ。

 

近藤さんは、農家で生まれ育った経験があるなら、農業ビジネスをするべきだよ。

 

この一言で、私の子供の頃からの悶々としていた気持ちはクリアになった。

それから、農業について、国内外で学び、色々な活動する人との出会い。

そして今、いよいよ、自分自身も農業を始める。

いずれにしても第一歩は、農業ビジネスをするよりも、農業でものづくりを学びなおすこと。

こんな第一歩から初めて、日本だけでなく世界の農業の健全な発展に貢献しようと思っている。

 

以上

 

転ばぬ先の杖とは言うけれど“言うは易く行うは難し”

“転ばぬ先の杖”、誰でも知っていることわざがある。

 

私も、リスクマネジメントを実行するときによく使う。単純で分かり易い。

だいたい、杖と言うとおじいちゃんの印象が強いが、転んでけがしないように杖を使いましょう。という意味合いだ。

 

こんなシンプルなことわざでも、なかなか奥が深い。

実際に、杖を持つとみっともないというおじいちゃんもいるだろうし、面倒くさいと言う人もいるだろう。そもそも、そんな備えがなくても自分は大丈夫という楽観主義で頑固者もいるだろう。

 

私も個人的には、こういうタイプだと人から言われることもある。せっかく周囲が心配してくれていても、かっこうつけて杖を使わない選択をしてしまいがちだ・・。常に反省はしているのだが。

 

今、日本も世界もコロナ禍のなかでの危機管理意識は高い。

目の前のことに対して、対策をする意識も高いし、実際街中でそうなっている。

しかし、すでに2年近くなってくると、危機管理意識を常に持ち続けることは困難だ。

人間だからどこかで気が緩む。

こんな時だからこそ、転ばぬ先の杖が大事だと思う。

 

危機管理の時は、ほとんどの人が緊張状態で、危機回避のために出来る限り慎重な対策をする。そういう意味では、転ばぬ先の杖ではなく、杖を持つのが当たり前の状態と言える。今であれば、マスクだろう。日本でほとんどの人がマスクをしている。

 

私も毎日マスクをしている。その結果、コロナ対策は言うまでもないが、他の健康上の不具合が皆無になったような気がする。風邪もひくことはもちろんあるが、軽くて済んでいる。

結果的に学ぶことであるが、マスクをすることが別の転ばぬ先の杖になっている実感がある。

 

今、目の前で発生している危機に対して対策することを危機管理として、これも含めて、将来起こりうる悪い出来事や良くないで出来事を回避することをリスクマネジメントと呼ぶ。

 

本来は、転ばぬ先の杖は、リスクマネジメントの一環として大切になる行動だ。

しかし、実際はなかなか実行するのは難しい。

 

一つには、リスクマネジメントが十分に効果を発揮したとすると、危機は回避できる。発生しても影響は軽微で済む。

そうすると、結果論で本当に転ばぬ先の杖は必要だったのですか?ということになる。

 

また、リスク対策にはコストがかかる。

どこまで、対策をしてよいかどうかの判断は費用対効果で測定できると分かり易いのだが、リスク対策の効果測定はとても難しい。

 

リスク対策に効果があり過ぎると、何も危機が発生しなくなる。専門家ならいざ知らず、一般的な目線で考えると何も起こらなかったのだから、対策は無駄だったのではという気持ちが蔓延する。

 

今のコロナ対策にしても、こういうことをメディアが助長しながら、繰り返している。今回のコロナ対策で、何が転ばぬ先の杖になったかは、数年先になってようやく分かることが多いと思う。

 

だから、今は、過剰でも対策するのが賢明だと思っている。マスクに手洗いぐらいでできることであれば、積極的にしましょう。というのが私の考えだ。

 

転ばぬ先の杖をネガティブに解釈することもできる。それは、心配しすぎは良くない、石橋をたたき過ぎて渡らない。

保守的になり過ぎるのもまた問題。

バランスのとれた転ばぬ先の杖を身に付けたいものである。

 

花壇の花と自然の花

この2年、私の花に対しての関心が高まっている。その一番の理由は、コロナ禍で私が地元神戸界隈に滞在することが多くなったからである。

 

神戸三宮には、フラワーロードという大通りがある。名前の通り、沿道には様々な花壇があり四季折々の花が楽しめる。それが年々美しくなっていた。

 

実は去年の7月から、会社として神戸市が運営するスポンサー花壇に参加してきた。

人間とは不思議なもので、こういう活動をしているとより一層、スポンサーとして応援している花壇に愛着が芽生える。

いつも以上に、花壇を眺めるようになるし、何かと写真も撮るようになった。SNSにもかなりアップしてきた。

 

また最近は、日本の地方を巡ることも多く、街の再開発や新名所として知名度向上の企画などの話によく遭遇する。そんな時、私は決まって、花の活用を話題にしたり提案したりする。それだけ花は十分には活用されていないと思うからだ。

 

日本はもともと大自然に囲まれた国である。

自然の中に四季折々多様な花を見つけることが出来る。だから、都会でも花をもっと活用して欲しいと思うが、自治体によって様々だ。

現実は、花壇に力を入れている自治体は思いのほか少ないと思う。

もちろん、花壇のメンテナンスは結構手間がかかる。それはイコールコストであるから、税金を使って、こういうことに取り組むのは簡単なことではないのかもしれないが・・。

 

私は農家だったこともあり、もともと、子供の頃から花は好きだった。朝顔から始まり、庭先には沢山の花を植えて楽しんでいた。ダリアやパンジーなど、およそ種として売っているものは全部試したと思う。

また、自然に生息している花を押し花にしたり、切り花にしたりして遊んだものである。

 

不思議なもので、花壇の花を四六時中眺めていてると、それにつられるように身近で自然に生息している、野生の花にも関心が向いてくる。

 

そんな感覚で意識的に探すと、実際に、神戸のような都会でも、あっちこっちに、つつましやかに野生の花が咲いていたりする。

 

 

 

もちろん、田舎には、結構色々なところに野生の花があることに気づく。蓮華やコスモスや彼岸花。色々だ。

 

 

 

私は特に、春先の菜の花畑が大好きだ。日本中に拡がっている感はあるが、私は地元である吉野川の河川敷一面に咲く菜の花畑が気に入っている。できるだけ毎年眺めに出かけることにしている。

 

今や日本には、人工的な花を楽しむ場所がある。

それは観光地やテーマパークだ。

フラワーパーク、花桟敷、色々な名称があるが、広大なる農地や森林の合間に、花を活用した鑑賞スポットが増えてきたことに気づく。

 

私が身近なところでは、淡路島の南あわじ市イングランドの丘淡路市の花桟敷、三田市のフルーツフラワーパークなどがある。

 

そもそも、花は人間を楽しませてくれるために生息している訳ではない。私が知る限りでは、種の保存のために、ミツバチや他の生物に受粉してもらうためだと思っている。

 

人間とは不思議なもので、それを観賞用として活用したり、花の品種改良をして自分たちが楽しんだりするためにビジネスにもなっている。

 

国内外問わず、花が栽培されている農園にはよく訪れる。日本は、世界から輸入されている花の多いことにも驚きだ。

単純に考えれば、そこまでのビジネスの仕組みにしてしまったことも改善しないといけないと思う。理由は、輸送コストは環境の負荷でもあるからだ。

 

そろそろ、身近なちょっとした自然に咲く花で満足する生活も大切なのではないかと思う今日この頃である。

 

 

 

 

 

以上